カフクのガーリックシュリンプ食べ比べ 第一弾

カフクのガーリック・シュリンプ食べ比べ 第一弾

ガーリックシュリンプ好き集合!

ノースショアと言えばカフクのガーリックシュリンプ。

 これを食べるために何度もノースに足を運んでいます。

まだ食べたことがないシュリンプ屋さんがいっぱい。

どこのエビがいちばん美味しいのか?口コミ情報も参考に情報を鵜呑みにすることなく、自分で食べ比べてみます!

 

るんるん 三ツ星コンドミニアムのお部屋のご案内はこちら

るんるん ハワイ最新情報ブログはこちら

るんるん 初めてのシュノーケルでウミガメと泳げた

るんるん ノースの達人がお勧めするドライブプラン

るんるん ノースの達人はこちら

るんるん お客様の声はこちら

DSC00516.jpg

         GIOVANNIS 元祖本店

P1230894.jpg

カフクのガーリックシュリンプと言えば元祖GIOVANNISまずスタートはここから始めましょう。当社の現地レポーター、メロディとみゆきちゃんに案内してもらいます。場所はカメハメハ・ハイウェイをタートルベイリゾート目指し進んで行きます。わかりやすくシュリンプ屋さんを順にご案内すると、ハレイワタウン入り口左右手にMacky's、進んで左手Lenard'sのマラサダワゴン車、その隣にBig Wave

 

P1230897.jpg

そのちょっと先右手にガーリックシュリンプのワゴン車が4台。うち1つがHONOS, そしてその隣にGIOVANBNISの支店(支車)。さらに進んで右手にALOHA LOBSTERその反対側にSouvaly Thai Mobileもっと進んでアナフル橋を渡った先にBlue Water Shrimpこの先からカフクのガーリックシュリンプ通りが続きます。まずタートルベイリゾートまで一気に進む途中にTed's Bakeryさらにその先に見えてくるのがCAMARONFUMISFUMIS 2ROMY'SFAMOUS KAHUKU SHRIMPそしてシュガーミル工場跡地に入るとKahuku GRILLそしてその先にやっと元祖GIOVANNIS

 

P1230898.jpg

ふ〜〜っ。。一気にご案内しているうちに、どんどん列が長くなって来ました。やっぱり元祖は人気なんですね!しかもハレイワタウンから遠いせいか、地元の学生たちも目立ちます。日曜日の午後、みんなの集合場所はGIOVANNIS! という感じです。

GIOVANNISのホームページを見つけました。ご興味ある方は覗いてみてくださいね。次項有 こちら

P1230899.jpg

昔はワゴン車だけだったのに、今や屋根付きのテーブルがあって、

ちょっとした野外レストランみたい。周りにもココナッツ・ジュース屋さんやおみやげやさんのテントが出来て、ちょっとした村のようになっています。なんとオリジナルTシャツもありますよ。海老のキャラクターが(あまりかわいくない)アメリカ的と言いましょうか。

P1230901.jpg

やっと番が回って来ました。メニューをチェックしてみましょう。

SHRIMP SCAMPI $13(一番オーソドックスなもの)

DEINKS $1.50(これは安いです)

HOT & SPICY SHRIMP $13(ぴり辛がお好きなら)

LEMON BUTTER SHRIMP $13(にんにくが苦手なら)

JUMBO GARLIC HOT DOG $3.50(これも美味しそう)

 

P1230904.jpg

ガーリックシュリンプ食べ比べなら、まずは元祖の基本を押さえておかなければいけません。ということで、SHRIMP SCAMPI を注文しました。見事なまでのにんにくの量。そして、海老にからみつくどころがプレートにひたひたのオイル。味もしっかりしています。お好みでアロハ醤油をくれるので、ご飯にかけていただきます。やぱり元祖が一番!という声が多いです。それも食べ比べてみての感想。この日、すでに他を回って最後だったので、レポーターのメロディは1尾だけで降参。みゆきちゃんはテイクアウトになりました。「ガーリックシュリンプは、もう当分いいね」そう言いながら、いったい何度足を運んでいることでしょう。

それではいよいよ、ガーリックシュリンプ食べ比べを本格的にスタート!

 

        GIOVANNIS ハレイワタウン

えびジョバンニ車2.jpg

元祖GIOVANNISの支店ハレイワタウンの入り口にもあります。車にはたくさんのお客さんのサインと落書きが。前に行った時は、日本からの新婚旅行のカップルがウェディングドレスとタキシードのまんまガーリックシュリンプに食らいついていました。きっと美味しい記念日になったことでしょう。元祖だけに、一度は食べていただきたいお店です。

えびジョバンニアップ2.jpg

さて、お皿に注目してください。食べる時のポイントはナプキンなどを使ってお皿を斜めにすること。かなりオイリーで濃厚なソースがからみついているからです。手もギトギトになるので、ウェットティッシュを持参します。この濃厚さがGIOVANNISの特徴とも言え、食べ終わると「もう当分いいや」と思うのに、何故かまた定期的に食べたくなる。これぞガーリックシュリンプ!

 

FUMIS

エビFUMI'Z200.jpg

カフクのガーリックシュリンプ通りとも言える道路沿いにある水色の小屋がFUMIS。名前からの連想で日本人女性の「ふみさん」がやっているのかな?と思うと厨房では中国人の若い女性たちがテキパキ仕事をしていました。定かではないけど中国系でしょうか?そういえば、中国人観光客がバスで到着して美味しそうに食べていました。白人客も多かった気がします。

えびFUMI'Zアップ200.jpg

中国系で海老でにんにく、と言えば不味い訳がないでしょう。と密かに期待してしまいます。注文したのはオーソドックスにバター&ガーリック。で、お味は。。。まさにバター&ガーリック海老。それ以外の何物でもありませんでした。あまりにそのまんまで、ちょっと拍子抜け。万国共通に想像できる味だけど、このあと他の店をはしごしようかな?という欲求を起こさせるのはどうでしょう?

 

ROMY'S

えびロミーズ車.jpg

ハワイに長年住む英語の先生(白人)に教えてもらったのが、カフクの海老通りにある赤い看板が目印のROMY'S。FUMISのすぐ側です。ガーリックシュリンプの食べ比べをするなら、週末は避けましょう。この日は日曜日だったのですごい混雑。1時間近くも待たされてしまいました。裏には海老の養殖場があって、海老釣りもできるそうです。お客さんの層は地元ロコたちが多かったので、地元好みのお味なんでしょうか?

えびロミーズアップ.jpg

食べたかったのはオーソドックスにバター&ガーリックなのですが、他のお店に比べて値段設定が高め。少し安いピリ辛を注文してみました。1時間待って蓋を開けてみると、サラダはなしパイナップルもなし。ご飯の上にガーリックトッピングもなし。見た目は超シンプルです。そして海老を食べてみると、「あれ?何を注文したんでしたっけ?」と思うくらい想像とは全く違うお味。スイートチリソースの辛さを取ったみたいな感じでしょうか。裏が養殖場のわりにはプリプリ感がなく、なんだかすごくがっかりしました。あくまでも個人的体験に基づく評価なのですが、ガーリック抜きの甘いだけの海老はこれで最後にしたいと思いました。


CAMARON

かまろん1.jpg

ハレイワのマーケットプレイスの先(ワイキキ方面から)にワゴンを構えるCAMARONです。知る人ぞ知る日本人経営のお店で、車内で調理しているのは西川さん。もちろんプロの料理人です。ゴルフツアーのドライバーであり、ゴルフレッスンプロでもあるSAMさん(巷ではハワイの主と呼ばれている)から「海老ならココ!」との情報です。

かまろん2.jpg

さて、では早速注文しましょう。

SAMさんイチオシはスパイシー・シュリンプ。いかがですか?見た目に鮮やかで、サラダとパイナップル、そしてお花添えです。

海老はさまざまなお店で食べた中でいちばん新鮮でプリプリでした。そして、海老にかかっているソースも一工夫。レストランで出て来そうなオシャレなガーリックシュリンプという感じでした。

 

 

カフクのガーリックシュリンプ食べ比べはまだまだ続きます。

食べ比べに挑戦されたい方は、ウィークデーの空いている時間に行って各店一皿づつ注文してみることをおすすめします。一人一皿完食してしまうと後が続きません。

タートルベイリゾートの三ッ星コンドミニアムにのんびりステイして、一日一店一皿づつ、こんな贅沢?なガーリックシュリンプの食べ比べ、ぜひ挑戦してみてくださいね!

Continue......


「ノースショアおいしいもの探し」のTOPに戻る   「ノースが大好き」のページに戻る

るんるん カフクのエビ食べ比べ 第二弾

るんるん カフクのエビ食べ比べ 第三弾

るんるん ノースショアでお買いもの散策

るんるん ワイアルア・ファーマーズマーケットは楽しいよ

るんるん ノースで体験しちゃおう

るんるん ノースに泊まってカイルアタウンへ