ハレイワ・アート・フェスティバル2015

 

CIMG1520.jpg

毎年恒例のハレイワ・アート・フェスティバル

2015年のオリジナルTシャツに選ばれた作品です。

それではアート作品巡りに出発!


 

ハレア1.jpg

あまりに恒例すぎて去年は行かなかったのですが、今年はノースショアの取材も兼ねて覗いてみることにしました。

 ぐるっと見回して感じたのはアーティストの年齢が若くなっていること。

 ハワイ出身アーティストたちを一挙に集めたこのフェスティバル、やっぱり来てよかったです。

 

 

ハレア2.jpg

ここに来ると、今は流行のアートや雑貨、アクセサリーの傾向がわかります。

ワイキキやアラモアナショッピングセンターなどのショップに行けば同じような感じのものを見つけることができます。でも、ここハレイワ・アート・フェスティバルでは作品を作ったアーティスト自身に会えることが何よりも魅力。

 

ハレア3.jpg

主流はやっぱりハワイの海、ビーチ、亀、南国の花など自然をもチーフにしたもの。

ハワイの恵まれた環境の中でこそ生まれる素敵な作品がいっぱい。

キャンバスに捕われず、いろいろな素材をモチーフにしています。

 

ハレア4.jpg

こちらはステンドグラスの作品。

 日差しの強いハワイにはぴったりなアートです。1枚欲しくなりました。

 

ハレア5.jpg

オイルペインティングデモンストレーションをしていました。

ひたすらひとつのウェーブをたっぷりの絵の具を使って描いています。 

彼女の作品はダイナミックで、それでいてどこか優しくて、ちょっとファンになりました。

 

ハレア6.jpg

子供達のワークショップも毎年恒例になっています。

フェイスアートをやってもらったり、自分で絵を描いたり、陶芸教室もありました。

大人たちのためにもこんなコーナーがあったらいいですね!おみやげに自分のアートを持って帰ったらいい思い出になりそう。

 

ハレア7.jpg

今ハワイで流行っているのが自然の木を使ったオブジェ。

それもちょっと古ぼけたアンティークっぽいテイストに人気があります。

カイルアのアンティークショップを覗くと、自分でもオリジナルで色を塗って使えそうなオブジェが見つかるかも?

ハレア8.jpg

ノースショアが産んだ大スター、ヘザー・ブラウンのブースももちろんありました。

サングラスをかけてサインしてあげているのが彼女。

こんなに有名になったのにとっても気さくなお人柄がまた人気の秘密。買った人たちは直筆のサインをもらっていました。

 

ハレア9.jpg

流行の木版を使った、今年のアートフェスティバルだけの限定版。

ちょっとアンティークなテイストで、手が出る価格設定というのもいいですね。

プリントではありますが、お部屋に飾りたくなる素敵な作品です。

 

ハレア11.jpg

今年のオリジナルTシャツのデザインに選ばれたのは、右のスラリと長身美人の女性。

ポップアートのジャンルに入るのでしょうか?

色使いがかわいくてフレッシュな感じが魅力です。

 

 

ハレア12.jpg

針金を使ったアートを発見!

上からぶら下がっているバレリーナになんだか魅了されてしまいました。

地元アーティストの卵たちもきっと見に来ているのでしょう。何かいいアイデアが浮かんだでしょうか?

 

ハレア13.jpg

ハレイワ・アート・フェスティバルの野外会場にはフードやドリンクのブースもあります。

 特設テントでは地元のミュージシャン達のライブもやっていました。

まる一日、ここで遊んで感性を刺激して、そしてハワイらしいおみやげもゲットして!

ぜひ日程が会えば、来年は皆様も訪れてみてはいかがでしょう。