コンドミニアム宿泊体験レポ第3弾!二ッ星( 1Bedrooms+2 Bathroom )

 

16387081_10210182751343769_1476308740284844467_ns.jpg

タートルベイリゾートコンドミニアム宿泊体験も第3回目を迎えました!今回はサーファー夫妻と4人でゴルフ合宿です。というオーバーなものではありませんが、ゴルフは20代の時にやって以来というお二人と、ゴルフの”ゴ”の字もほとんど知らないズブの素人の私と、シングルプレイヤーでもある当社の社長という凸凹パーティーです。ゴルフの模様は次項有コチラをご覧くださいねゴルフ

16195658_10210166455496383_3574636787765005888_ns.jpg

お客様のご質問で多いのが、三ッ星コンドミニアム二ッ星コンドミニアムの違いです。そこで、今回は二ッ星の1Bedroomに宿泊してみました。どこが違うか?という回答として、お部屋の調度品やリフォームの状態に多少の差はありますが、環境や広さは全く同じですとお伝えしています。実際このお部屋、調度品も落ち着いた中にもハワイらしさがあって、二ッ星だから見劣りがするかと言えば全くそんなことはありませんでした。

16265785_10210166455856392_3747950086163293983_ns.jpg

今回泊まったお部屋は、玄関から入って左手に右上の写真のように1Bedroomがあります。

Kingサイズのベッドは夫婦二人で寝てもゆったり。敷地内はとても静かなのでぐっすり休むことができました。朝は小鳥たちのさえずりで目を覚ましました。写真左は玄関からリビングキッチンに続く廊下。その途中にメインバスルーム洗濯&乾燥機があります。

 

16265366_10210184868396694_6234166919064676485_n_20170129171941cfbs.jpg

ラナイ側からお部屋を撮ってみました。定員4名が泊まれるリビングには大きなソファダイニングテーブル、そして大型テレビが備えられています。ゴルフ好きの社長は真っ先にテレビをつけ、ゴルフチャンネルでPGAツアーを観戦。ゴルフ

16174395_10210184868356693_6183655865519944678_n_20170129171942164s.jpg

大きなソファはベッドになります。ソファベッド用のシーツやブランケットはベッドルームのクロゼットに入っていました。大人二人が寝れるサイズですが、ベッドの硬さ、柔らかさ、寝心地に拘る方には一人一台ベッドがあるお部屋をおすすめいたします。西村夫妻はソファベッドで熟睡できたそう。眠い(睡眠)

16388442_10210184868236690_2942505209332023176_n_20170129171938de9s.jpg

タートルベイゴルフコースの中に点在しているコンドミニアム。窓の外はご覧のように、目と鼻の先にゴルフコースが広がっています。ラナイの椅子にすわってのんびり過ごしていると、目の前でプレイするゴルファーに出くわすことも!

コースの中を歩き回ることはもちろん禁止ですが、あまりの気持ち良さに思わずお散歩したくなります。るんるん

16388118_10210168961839040_5402770808783273678_ns.jpg

ラナイからちょっと外に出て見ると、なんと虹が架かっていました!冬のノースショアは雨季ですが、一日中雨が降ることはほとんどありません。虹の後は雲が去ってまた快晴。風が強い日もありますが、そのためにプレイが中止になることもありません(というか聞いたことがありません)。

16298679_10210166455736389_4733852995396049869_ns.jpg

お部屋に戻ります。左の写真は1Bedroom専用のシャワーバスルーム。二家族で宿泊する場合、2つバスルームがあるとプライバシーが守られて快適です。アメニティは小さな石鹸だけなので、いつも使っているシャンプー&コンディショナー、化粧品、歯磨き&歯ブラシ、髭剃りやシャワーキャップなどはすべて持参です。トイレットペーパーは予備も置いてありますが長期滞在される方は近くのスーパーで予め購入されるといいでしょう。

16387090_10210166455616386_6263506041211775403_ns.jpg

こちらがメインのバスルーム。バスタブもありました。ありがたいのはタオルがいっぱい常備してあること。もちろん乾燥機付きの洗濯機も常備されています。このお部屋は粉の洗濯石鹸もありましたが、液体洗剤を小分けで持ってこられるといいでしょう。退室される日はご使用済みのタオルやシーツ、まくらカバーなどを洗濯される必要はありません。

16299540_10210166456656412_5696481812550660878_ns.jpg

キッチンはフル装備です。オーブン、電子レンジ、冷蔵庫、食器洗浄機、トースター、コーヒーメーカ、カトラリー、フライパンやお鍋、そして電気釜も装備されています。

お部屋によって調味料があったりなかったり。当コンドミニアムはオーナー様がすべて異なるので、正直行ってみないとわからない部分もあります。このお部屋はソルト&ペッパーが置いてありました。食器洗い洗剤やハンドソープはどのお部屋にもあります。

16266351_10210166456576410_1001258244966914998_ns.jpg

食器類、ナイフやフォーク、まな板など料理に必要なものはすべて装備しています。アメリカと日本の文化の違いで、日本のように切れる包丁がなかったり、箸がなかったり、と多少の不便は許容範囲。

食洗機に慣れていないので、1度は使ったものの、結局は自分たちで食器を洗ってしまいました!

16265841_10210166438255952_7586795768652450533_ns.jpg

タートルベイホテルにはレストランがありますが、せっかくフルキッチン装備なのでいつも食材を持参します。今回もリブアイステーキのお肉、オリーブオイル、醤油やドレッシングは家から持ってきました。ハレイワタウンフードランドではお惣菜や野菜、果物、パン、パックご飯などなんでも揃います。サーファー夫妻はサラダ数種類、ビールとワインと焼酎、そしてロコに大人気のPAALAA KAI BAKERYで美味しいケーキを買ってきてくれました。

16387286_10210166438175950_3706469344150995476_ns.jpg

いつもお肉を焼くのは社長の仕事。みんなでワイワイガヤガヤおしゃべりしながらの支度は楽しいもの。あまり切れない包丁を総動員して、どれが一番切れるか試しているところです。やっぱり日本の製品は優れていますよね!とみんなで再認識。

コンドミニアムは築年数が経っているので、超豪華というわけにはいきませんが、それもまたよし!わーい(嬉しい顔)

16266088_10210166439615986_8576572236036406182_ns.jpg

料理の支度がすべて終わってみんなで乾杯!ビール バー

時間を気にせずのんびり過ごせるコンドミニアムの醍醐味です。

ホテルだとこうは行きませんよね手(チョキ)

お開きになったのは12時近く。翌日はタートルベイ屈指のジョージ・ファジオ・コースでいよいよゴルフプレイですゴルフ